VPN_Utilization

在宅勤務やテレワーク、アウトソーシングの始め方

中小企業の場合、社員やパートの募集を行っても中々雇用する事が難しい状況です。
働く側の意識が変わり、今までと同じ雇用形態では

働き方や雇用形態の多様化で、週に2~3日の在宅勤務やテレワーク、アウトソーシングが注目されています。
政府も新成長戦略や経済財政運営の基本方針(骨太方針)で働き方改革を奨めています。

業務の進捗管理や成果物の確認に不安を感じると思います。

社内サーバーの特定フォルダーを使ってデーター管理を行えば、電話やメールでの成果物の確認が不要になります。
社内に居ながらにして成果物の確認が行えます。

在宅勤務者やアウトソーシング先も常に

打ち合わせはskype等のテレビ電話で行う。

★メリット
都合の良い時間に仕事を行える。
場所や時間の制約で仕事が出来かった人を雇用することができる。
仕事の内容で成果金額を決められる。
仕事の成果物の確認が何時でも行える。

★デメリット
パソコンの紛失や盗難した場合の危険性がある。
定期的にパソコンが約束通りに運用されているか確認が必要である。
 (ログインパスワード、ウイルス対策ソフト等)

SSL-VPNで在宅勤務やアウトソーシングが安価で行えます。

※テレワークとは、情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。
「tele = 離れた所」と「work = 働く」をあわせた造語