Inbound

ITによるインバウンド(訪日外国人観光客)対策支援

訪日外国人観光客 訪日外国人観光客 訪日外国人観光客
日本を訪れる外国人の三大困りごと

1.多国語自動翻訳機の導入
外国語が判らない外国語と聞いただけで拒否反応示す日本人は多いと思います。
外国人の来客や電話対応大丈夫ですか?
日本を訪れる外国人は、英語を話すとは限りません!
インターネットを使ったポケットタイプの多国語自動翻訳機の導入しては如何でしょうか。
POCKETALK
瞬間翻訳ツール ili(イリー)
Langie(ランジー)
2.WiFiネット環境の無料提供
WiFiが使いたい海外に比べて日本国内では無料で使えるWiFi環境が整っていません。
外国人旅行者の多くが不満を持っています。
専用の無線ルーターを使って無料のWiFiを提供しませんか。
FreeSpot開設支援
3.オンライン決済サービスの導入
オンライン決済日本でもクレジットカードによる支払が多くなってきました。
それでも海外と比べると現金での支払いが多いのが現実です。
海外ではカードによる支払いが一般的です。
使用にはクレジットカード会社毎の契約が必要です。
そんな問題を解決するのがオンラインクレジット決済です。
PayPal
楽天ペイ

オンライン決済サービスとは
 オンライン決済サービスを導入する大きなメリットのひとつは、個人事業主や中小規模の法人であっても、安く簡単にクレジット決済を導入できるということ。

 通常、個人や中小企業がカード決済を導入するには、カード会社の厳しい審査を通過する必要があり、またこの審査には数週間から数ヶ月かかることもあります。また仮に審査を通ったとしても、登録費用や月額費用がかかるため、なかなか個人や中小企業がクレジットカード決済を自社のサービスに導入するのは難しいという問題がありました。

 そこで登場したのがPayPalを始めとするオンライン決済サービス。料金を支払う側と料金を受け取る側の間に、このオンライン決済サービスが介在することで、料金を受け取る側がカード会社と直接契約しなくても自身のWebサイトでクレジット決済を導入できる仕組みです。また、基本的にオンライン決済サービスは初期費用、月額料金は無料。受け取り金額に対して課金していく場合が多いことも大きな特徴となっています。